恋愛診断ハニホーのイメージ rocket_launch まずコチラ
完全無料の性格診断と恋愛診断
診断を極めたハニホー!

tips_and_updates ハニホーってどんなもの?

◆我々は、性格診断や恋愛診断・恋愛に関するコンテンツを提供しています。
◆楽しい診断だけではなく、恋愛に役立つツール(アプローチ方法を提案する、別れるべきか判定する、等)を提供します。そして「恋愛に悩んだらハニホー」「恋愛といえばハニホー」を目指しています。
◆名前と生年月日だけ入れて適当な結果を出すわけではありません。日々の恋愛や心理の研究から診断づくりをしています。なお、新しい診断ほど精度が高い傾向にあります。
◆あなたの目が確かならば、他のサイト等とは段違いの内容であることがお分かりいただけると思います。
◆とても健全な内容で安全です。
◆前身となるサイトから26年運営されています(開始1996年)。
◆ぜひ末永くお楽しみください。

tips_and_updates 診断はあてになるの?

このような隅のほうまで興味を持っていただいたことに感謝します。ハニホーがどれほどのことを考えて診断しているかを理解するには、下記のサイトに行って、かなり下のほうにある「コラム」をいくつか読んでみてください。あまり辿り着かないような場所にあります。

片想い相性恋愛診断性格診断彼氏彼女結婚復縁遠距離恋愛同棲不倫

ハニホーの作者(「恋愛の学校」の校長)は、一つ一つが数千字にもなるような相談に、旧サイトから合わせて3400件以上も回答してきました。そこで培ってきたものがよく伝わると思います。心理学などの学者よりも遥かに恋愛の現場を見てきて、また「ただ恋愛をたくさんした人の経験談」より遥かに体系立てられた哲学や恋愛観を持つ、ここハニホーにこそ「芯を食った」内容があるということがお分かりいただけることでしょう。

tips_and_updates 診断はどう作る?

下記コラムが参考になるでしょう。

性格診断の作り方恋愛診断の中身

おふざけではないですし、バーナム効果(誰にでも当てはまるようなことで当たった気にさせる効果)を狙ったものでもないのです。

tips_and_updates 当たる?当たらない?

本当に当たらないこともたまにあるのですが、中には「極端に盛った写真にうるさい」などの攻めたコメントで「当たらない」と思われる方もいます。

診断結果のコメントには、「あざとい」のように抽象的に性格を表すものと、「極端に盛った写真にうるさい」のように具体的なことに言及する勝負に出たコメントが混ざっています。勝負に出たコメントは、具体的なだけあって、そのまま捉えると「べつに写真にごちゃごちゃ言いませんけど?当たってないなぁ」ということになりやすいのですが、当たらないと捉えずに「そういう風な人だと思われている(盛った写真にうるさそうな人だと思われている)」と捉えてください。とはいえ、勝負に出たコメントすら、当てに行っているものがほとんどです。

全体感としては、抜群によく当たります!

tips_and_updates どの診断をやれば?

恋愛診断も性格診断も、日々、研究を重ねて作成されています。新しいものほど、分析の鋭さ、表現や結果パターンの多さ、精度が段違いなのです。

あなたの落とし方ワンツースリー 最新作はお手軽にできるお遊び系の恋愛診断で「新生!あなたの落とし方ワンツースリー」です。分析量が物凄い・・・というわけではありませんが、気軽に楽しい診断を求めている方はこれが良いでしょう。

トレカ恋愛診断 恋愛で自分を分析したい方は、今なら「トレカ恋愛診断」です。イロモノに見えますが、結果がトレカ風になっているだけで、診断の鋭さは現在「圧倒的」な一位です。次点で「恋愛の履歴書」でしょう。

トレカ性格診断 自分の性格を分析したい方は、今なら「トレカ性格診断」です。こちらも性格診断の鋭さとしては、一番です。どれほど人の本質を捉えているか、よくお分かりいただけるはずです。次点で「性格の履歴書」でしょう。

才能を診断するもので根強い人気があるのは「才能と性格を見抜く性格診断」です。オーソドックスで安定した人気があります。

tips_and_updates その他の用途

気になる人との相性診断を(一人で)やりたい

軽めの気持ちなら「普通の相性診断」で、本気でやるなら「全てを含んだ相性診断」へどうぞ。

相性診断を好きな人と二人でやりたい

二人でやる相性診断」へどうぞ。

片想いの人を知りたい

好きな人について」のサイトに行くと、相手の分析、相手の気持ち、自分の気持ちまで診断できます。

他にも、結婚、復縁、不倫、彼氏彼女、同棲など、それぞれのテーマに沿ってたくさんの恋愛診断や性格診断があります。ぜひ利用してみてください。

< 好きな人(片思い)について:TOP(目次)へ戻る

好きな人へのアプローチ(片思い・片想い・両思い・アプローチ)

アプローチと言っても千差万別

コラムの挿絵

もう「アプローチ診断」はやってみましたか?参考になると思います。気になる人がいるなら、ぜひやってみてください。

ところで、アプローチと簡単に言っても、関係性、性格、性別、しがらみなど、様々なことで左右されます。探りを入れられることが大嫌いな人、いきなり好きと言われることが大嫌いな人、いろいろいます。ですから具体的なアプローチ方法はここでは語ることができません(なので上記の診断をやってみてください)。

ここでは、男女別のアプローチ一般論、アプローチの心構えを語るに留めます。アプローチだけでなくモテの基本についても触れます。

男性側からのアプローチ

男性側が覚えておくべきことを、いくつか挙げておきます。耳が痛いことが多いかもしれません。

◆優しい男性はモテない、という人がいますが嘘です。優しいだけの男性はモテませんが、優しさがあったほうが良いに決まっています。ただ「優しい」という仮面をかぶった、弱気な人はモテません。アプローチも上手にできません。
◆相手の女性に「私より価値が高い」と感じさせつつ、偉そうにしない、優しい、自分の世界で生きていて相手のほうばかり見ない、相手が寂しいときやかまってほしいときだけケアできる、そういう男性が理想です。
◆女性は寂しいのが大嫌いですが、自分を寂しがらせることもできないような男性を好きになりません。女性にしてみれば、寂しがらせることができる男性が寂しさを埋めてくれる、それが理想なのです。
◆相手の女性と普通に接することができる、動揺しすぎない人、というのをイメージしましょう。例えば相手の友達ならば、相手に対し、自然な態度で接することができるはずです。そういう人のような精神状態になれるかが重要です。精神状態が整えば、声をかけたり遊びに誘うときでも自然さが出ます。
◆状況にもよるのですが、だいたい男性側からのアプローチの基本は「接する機会は多く、気持ちは向けず」です。気を遣いすぎたり気持ちが強すぎると失敗します。
◆メッセージ等の返信スピードや頻度について気にする人がいますが、頻度や返信のタイミングについて考えると間違えます。そういうことを考えている人がうまくいかないのです。返したければ返す、送りたければ送る、で良いのですが、「自分の人生を生きつつ相手のことをケアする」というスタンスをもう一度見直しましょう。そういうスタンスならば、送る頻度や返信速度はおかしなことにならないはずです。
◆賢い人や厳しい雰囲気がある人、理屈っぽくてノリが悪い人は、そういう特徴を基軸にしながらも、感情や分かりやすさや非論理性を大事にしましょう。嬉しい、楽しい、悲しい、こう感じた、好き、嫌い、を出しましょう。映画を観た後の感想で、理由を並べての良い悪い(評価)ではなく、ここのシーンが好きとか嫌いとか言えますか?論理的な思考でありながらも、親しみやすく分かりやすい、どちらもある人が魅力的なのです。
◆当たり前ですが、相手に迷惑がかからないようにしましょう。食い付きの悪さを感じたら、潔く引きましょう。相手の行動に嫉妬心を出したり、返信が来ないことをなじったり(そういう人なんですね、とか)、思い通りにならないことを相手のせいにして責めたりしてはいけません。
◆よく知らないのに、いきなり「好き」などと言うのはやめましょう。よく知らない段階では「仲良くなりたいなと思って」という程度の、軽いアプローチにしておきましょう。「まだよく知らないし、まぁこれから知れたらいいなと思って」という謙虚なスタンスを心掛けましょう。

他にも覚えておいたほうが良いことは上記の何倍もあるのですが、一応、基本としてこのあたりを心に留めておいてください。

女性側からのアプローチ

コラムの挿絵

女性側が覚えておくべきことを、いくつか挙げておきます。耳が痛いことが多いかもしれません。

◆馬鹿な女がモテるとか、隙がある女がモテるという話が巷では言われますが、一理あります。男性側からすると、「自分より(もしくは同等程度には)価値が高い」と感じつつも「自分が影響を与えることができそう」という人を好きになりやすいのです。簡潔に言えば「素敵」と「いけそう」を兼ね備えている人を好きになりやすいのです。
◆例えばファッションやメイクなど完璧になりすぎると男性は引きます。仮にその点ですごく努力していたとしても、表からの見え方は素朴さや自然さがあったほうが良いですし、同時に、心が柔軟であったり笑顔が多かったりして「とっつきやすさ」があったほうが良いでしょう。ですから素直でシンプルで親しみやすい心というのはとても大事です。
◆服装など露出を増やすことで性的魅力を演出してはいけません。女性の性的魅力は、肌の露出以上に、恥ずかしさなどの「心の露出」であるということを忘れないでください。
◆傷つきやすい人や自信のない人は、そのことがさほど不利には働きませんので、性格を変えようとは思わないことです。ですが、表情が消えて強がっているように見えてしまうのは損なので、自信のなさや不安がそのまま出るように心がけましょう。それと、自信のなさはそのままで良いのですが、妄想で自滅したり自分から距離を取ったりせず、接点もしっかり持って、自己完結しないようにしましょう。
◆アプローチ全般で「自分から押し進める」とか「相手に頑張ってもらう」というイメージではなく、「仲良くなりやすい状況をつくる」「何かが起きやすい状況をつくる」を心掛けてください。
◆たいがいのケースにおいて、好意は隠す必要がありません。「好意を先に示したら上手くいかなかった」という事例があったとしても、それは好意を先に出したことが原因ではないはずです。特に男性は「好かれたら好きになる」という人がとても多く、「好かれたら冷める」という人はとても少ないのです。先に好意を示されようがなんだろうがあまり関係がないという男性も多いですが、トータルの確率論で考えると、どんどん好意を出したほうが得だと言えるでしょう。
◆アプローチの過程において、付き合う前に性的関係を持ってはいけません。いくつかの条件が整えばそれでも上手くいくことはあるのですが(詳細はここでは省略します)、基本的には、女性側の心理が難しくなって卑屈になりやすい(重くなりやすい)ですし、もちろん付き合えなかったときに傷が余計に深まります。
◆相手からの返信が来るように質問形式のメッセージを送るとか、自分からは一切連絡を取らないとか、そういう小細工はやめましょう。相手は一人の、自由な心を持った人間です。人の心という「自然物」に対して、人工的に思い通りにしようとすると、しっぺ返しがきます。

女性側は、一応、基本としてこのあたりを心に留めておいてください。

≪好きな人ができない
好きな人への告白(片思い・片想い・告白)≫

※本サイトは、読み流すだけで成長する「恋愛の学校」の校長が作成しています。ぜひ恋愛の学校にもお越しください。相談すれば回答があるかも?

【SNSでの共有】
+シェア用テキスト+
テキストエリアをタップする
だけでコピーできます。
send to Twitter send to Facebook send to Mixi other
フェイスブックでこのページについて共有する場合は、以下をコピーしてから「シェア」の際に貼りつけると伝わりやすくて便利です。

【コピー用テキスト】
※テキストエリアをタップするだけでコピー完了




cancel 閉じる
mixiでこのページについて共有する場合は、以下をコピーしてから「mixiチェック」の際に貼りつけると伝わりやすくて便利です。

【コピー用テキスト】
※テキストエリアをタップするだけでコピー完了


send to mixi
cancel 閉じる
ブログやメール、その他のSNSでこのページについて共有したい場合は、下記のテキストをコピーすると便利です。どうぞご利用ください。

【コピー用テキスト】
※テキストエリアをタップするだけでコピー完了


cancel 閉じる
 
好きな人(片思い)について:TOP(目次)へ戻る